就職の前にオフィスのビジネスマナーを身につけておきましょう。たとえばおじぎは鏡を見ながら練習しておきましょう。

ビジネスマナーとオフィスの効率化
ビジネスマナーとオフィスの効率化

オフィスのビジネスマナーであるおじぎを練習しよう

学生が就職する前にはビジネスマナーを身につけなくてはいけません。学生時代のアルバイトである程度マナーはみについていると思っていても、オフィスでのビジネスマナーは会社の代表として恥ずかしくないように、身につけておかなくてはいけません。また、すでに社会人の人であっても、職場によってビジネスマナーの重要度が違うことがあるでしょう。職種や業種が変わると、今まで以上にビジネスマナーが身についていないといけない場合もあるでしょうから、一度基本から勉強しておいた方がよいでしょう。

そして、勉強したら練習も大切です。たとえばおじきなど、状況に応じておじぎの深さが違います。また、自分ではおじぎができているつもりでも頭だけさがっていて、腰からしっかり折れていない人もいます。全身がうつるような大きな姿見を使って、自分のおじぎがどうなっているかを確認し、家で練習をしておいた方がよいでしょう。また、おじぎをするときは、挨拶をしながらおじぎをする人がいますが、挨拶をしてからおじぎをするものです。頭の中でわかっていても、とっさのときにはできないことがありますので、やはり家で練習をしておき、オフィスではきれいなおじぎができるようにしておきましょう。ビジネスマナーが身についていると、社内の人や取引先に信頼してもらえますし、自分でも自信を持つことができます。身についていないと、自分でもおどおどとした態度になってしまい、信頼度も低くなってしまいますので、練習が大切です。

おすすめ