オフィスにおいて、コミュニケーションを上手に行うためには、メールや電話やなどのビジネスマナーが欠かせません。

ビジネスマナーとオフィスの効率化
ビジネスマナーとオフィスの効率化

オフィスにおいてコミュニケーションに大切なビジネスマナー

オフィスにおいてのビジネスマナーは、遅刻をしないことや、挨拶、敬語の使い方や上司への報告、連絡、相談など、さまざまな大切なマナーがあります。また、最近では、ビジネスにメールがよく使われるようになっていますから、メールの書き方についてのビジネスマナーも欠かせません。

私がある企業の社員として働いているとき、メールでトラブルになった経験があります。敬語などの基本的なビジネスマナーは自分ではきちんと心得ているつもりでした。しかしいくら丁寧な文章を書いても、相手の受け取り方は相手によってさまざまです。あらゆることを想定してメールを送ることや、その後のフォローもとても大切だと学びました。営業の仕事をしているとき、相手にとってもしかしたらマイナスになるかもしれないことを念のために伝えて置こうと思い、書いた文章が、相手に不安を与えてしまったことがあります。また、社内でのイベントのために慣例に従ってメールで遠方の社員に連絡を取ると、メールではなく電話が欲しかったと怒りを買ってしまったことがあります。メールでのコミュニケーションは、あくまで人と人とのコミュニケーションの補助的な存在なので、電話や直接出向いてのコミュニケーションの代わりにはなりません。メールでは言葉や表情などのニュアンスが伝わらないのです。また、謝罪や依頼などの大切な要件は、面倒がらずにきちんと相手と向き合える方法で行うことが大切です。

おすすめ